白髪染めを明るくしたい場合に・・・・

最近 髪の色をもう少し明るくという方が多くなりました。

普通なら可能ですが、白髪染めや黒染めをした方は難しくなります。

 

結論から言いますと白髪染めなどで、黒くなった髪は(へナや香草カラー・マニキュアも含む)

明るくする事は大変難しいです。(特に痛ませないで行う事は皆無です。)

しかし それでもしてくれという方には、方法は3つありますが

 

① 脱染剤といわれる色を抜く薬剤や明るめのオシャレ染めカラーを使います。

長所 ・明るくすることが出来るが、染めた色によっては抜けない事もある。

欠点 ・カラーの色ムラになりやすい

・ダメージが出る

・どのくらい明るくなるか調整が難しい・

・通常カラーより手間がかかるのでカラー料金+¥1500~が、かかる。

 

② デジタルパーマや縮毛矯正をかける。

長所 ・パーマ液でなんとなく退色するので結果、明るくなる。

欠点 ・なんとなく抜けるくらいなので自然だが、少し暗め

・パーマ料金がかかる・

・あまり明るくならない

 

③ 自然に退色するのを待つ

長所 ・何もしないので薬剤等のダメージが無い

欠点 ・3ヶ月以上経過しないと目立たない。

・それほど抜けない

・しばらく黒いまま

 

出来れば、そのまま退色を待つのが良いのでは・・・・

 

最近、自分で染める人が多いですが、黒くなってサロンで直す方も少なくありません。

 

ランニングコストを考えるならサロンで染めた方が良いでしょうね。

 

narikawa

PAGE TOP