束感カットって何?

束感カットって何?と聞かれます。

初耳だと思いますのが、技法であって デザインではないです。

それをするとどうなるのか?

1 見た目は軽く見えないし長さは長いけど、触ると軽い
2 髪が絡みずらくなり、櫛通りも良くなる。
3 乾かしやすい。ブローしやすい。まとまりやすい
4 形が崩れにくい。長持ちする。
5 ワックスを付けたり、アイロンで巻いたりすると、毛束が出やすく、ニュアンスが作りやすい。

日本人の髪は硬くて太いので、ニュアンスが出にくいのです。
それを外人風や ゆるい感じ、甘い感じにするには、毛束の動きが大事になります。
ふんわりとしたゆるやかなウェーブって男性・女性ともに好きな方が多いので

カット技法に束感カットを入れる事によって動きが出やすく、パーマやアイロンで巻いたり、
ワックスをつけたりすることで

ニュアンスが得られます。

ただ梳くのでは なく、必要な場所に必要な技法を入れる事が大事で、
見た目は普通にカットしているようにしか、見えませんが、

持ちが良く 崩れにくいのは時間が経過してわかる事です。

ブログ画像

 

ナリカワ

PAGE TOP